業種別AR広告の活用例

業種別にAR広告の活用例をご紹介します

トップ画像

飲食店

チラシから紹介ムービーを配信

チラシの写真から紹介ムービーを配信。紙面では伝わりにくいお店の雰囲気を動画で紹介します。来店数や問い合わせの増加が可能に。サイトに誘導することもできます。

メニューからクーポン配信

メニューからオススメの料理のクーポンを配信。定期的に内容を入れ替えて配信できます。

お待ちいただいているお客様に動画や電子書籍を配信

混雑時、お待ちいただいてる時のお客様は暇を持て余しています。そんな待ち時間も楽しんでいただけるような動画を用意すれば他店との差別化になります。コースの説明や料理ができるまでの工程などの動画を配信すれば、退屈な待ち時間を逆に楽しむことができます。

学校や幼稚園

園だよりや学校案内パンフレットで動画配信

写真にスマホをかざすと動画を配信。紙面だけでは伝わりづらい、講義や部活動・校風などの雰囲気をARで表現できます。授業風景、部活の風景などをARを通して表現することで入学後のイメージをもってもらい、より学校のことを知ってもらえるようなプロモーションとして活用が可能。ブランディングや他校との差別に役立ちます。

保護者の方々への情報配信

保護者の方々にイベントスケジュールを配信できます。情報の共有化に役立ちます。

小売・店舗

メンバーズカード・ショップ袋でイベント情報を配信

いつも財布にあるメンバーズカード、捨てずに使い回すショップ袋を有効活用。
ロゴ部分にスマホをかざすとシークレットセールやポイントキャンペーン、新商品の告知など期間ごとに配信可能です。

チラシ+ARで紙面のリッチ化

チラシの写真から紹介ムービーを配信。紙面では伝わりにくいお店の雰囲気を動画で紹介します。来店数や問い合わせの増加が可能に。サイトに誘導することもできます。

ECサイトへ誘導

紙面から動画へ、動画からECサイトへと誘導できます。ARによる動画で購買意欲を刺激します。

新聞・出版業

クライアントの動画コンテンツを利用

クライアントは多額の制作費をかけて制作している動画コンテンツをもっと配信したいと考えています。雑誌広告にスマホをかざすとクライアントの動画コンテンツを配信するなど、クライアントが制作している動画コンテンツを有効活用して、より付加価値の高い広告を提案できます。

紙だけで完結しない、Webを絡めた提案へ

雑誌広告からクライアントのランディングページ等に誘導することができます。
読者層の明確な紙媒体だからこそ、誘導先のサイトのコンバージョンに結びつきやすいという利点もあります。

特集ページにプロモーション動画を設定

紙面だけでは伝わりにくい記事の様子を動画で配信。音や映像で紙面に臨場感を与えます。

映像制作

イベント・キャンペーンなどのプロモーションに

イベント・キャンペーンにARを活用。
チラシやポスターをスマホでスキャンするとイベントの予告動画や特典動画が配信されるなど。さらにWebに移行しプレゼントキャンペーンやお得情報をゲットできるなどの提案が可能です。

生産工程を紹介

商品パッケージからその商品の生産工程を動画で紹介できます。
その商品の信頼性を高め、購入を迷っている顧客の背中を後押しします。

書籍やパッケージに映像を連動させて販売効果を高める

通販関係ではカタログに実際商品を使用している映像を写真に組み込むことで消費者に使用感を想像させて購入意欲を刺激することが可能です。
音楽関係では雑誌広告に掲載された画像をスキャンし、画面上でミュージックビデオが再生することでCD・DVDの購入増加を促します。
ファッション・コスメ雑誌では、実際のモデルのメイキング映像や、コスメの使い方などのhowto映像を流すことでユーザーへ購入を促すことが可能。 旅行パンフレット・カタログなどでは実際の観光映像を流したり、宿泊先のプロモーション動画を流すことで契約率を高めるアプローチができます。

情報サービス

商品パッケージ・ノベルティグッズからWebへ

現在使用している商品パッケージ、以前配布したノベルティグッズなどからWebへ誘導できます。
実際にアプリをインストールしてからのアクセスとなるので高いコンバージョン率が見込めます。ノベルティグッズからWebへ、会員登録からメルマガ配信へと潜在顧客の獲得につながります。

商品カタログからECサイトへ

カタログに掲載されている商品をスマホでかざすと動画で商品を見ることが出来ます。その上、ウェブの商品ページに直接誘導できるため、消費者がそのまま商品を購入することが出来、購入率を高めることができます。PCだけでなく、スマホからの購入率も上げることが出来ます。
新技術の導入で購入率上昇や注文単価増を狙うほか、カタログの保存性を高める効果も期待できます。

印刷物にもっと多くの情報を

スマホのカメラでスキャンした画像を認識し、文章や画像、音声、動画などを閲覧することが出来ます。印刷物に載せれる情報には限界がありますがARを使えば今までにない付加価値を与えることが出来ます。アイディア次第で、様々なセールスプロモーションが可能です。

ログ解析でマーケティング効果も

ARアプリにはマーケティングに使えるログ解析機能を搭載しています。コンテンツへのアクセス日時、年齢や性別、都道府県などが集計されますので効果測定や販売促進などに役立ちます。

ご相談・お見積り・お問合せはこちらから

担当が対応いたしますので、お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ

お問合せフォーム

お電話でのお問合せ

0120-25-1714

 受付時間 10:00~19:00(月曜日~土曜日)